テクター Te/ブレイバー br 殴りテクター スキル振り

みなさんこんばなな!ばななです!

今回は前回の続きで、テクター/ブレイバーのスキルツリーを紹介します!

TAでテクター/ブレイバーの動画がアップされて、一気に注目を浴びたのですが、実は器用貧乏な側面があります。

テクニックを使うならフォース/ブレイバーのほうが優秀ですし、殴りだけならテクター/ハンターのほうが強いです。

最大ダメージを与えるならばレンジャー/ブレイバーのほうがいいですし、カタナを使うならブレイバー/ハンターです。

なんでもできるけど、どれも中途半端、それがテクター/ブレイバーなのです。

だから、しっかりとコンセプトを決めてスキル振りを行い、武器防具を揃え、武器防具のスロットもしっかりと考えないと、何もできない弱いテクター/ブレイバーになります。

今回、スキルツリーだけでも10種類くらい考えました。状況に応じて使い分けたいのですが、みんながみんなそれを出来るわけではありません。

悩みに悩みぬいた末、ばななが辿り着いたのは「あらゆる状況に対応できる、殴りメインのテクター/ブレイバー」です。まずはご覧いただきましょう。 ※スキルオーダーで+14まで出来ますが、今回は+12時点でのスキルツリーにしています。

テクター Te/ブレイバー br 殴りテクター スキル振り

まずブレイバーのほうの解説ですが、ウィークスタンスではなく、アベレージスタンスを採用しています。

理由ですが、ウィークスタンスを乗せる場合、各属性のウォンドを用意しなければならないからです。殴りテクターのダメージの大部分は法撃爆発なので、そうしないと大きなダメージが出せません。

それだけのウォンドを用意できるならウィークスタンスをオススメしますが、費用もかかりますし、現実的に難しい人が多いのではないかという判断のもと、アベレージスタンスにしています。

各属性のウォンドを揃えれるなら、ウィークスタンスにすべきです。

次にテクターですが、こちらもシフタ、デバンド両方に振り、あらゆる状況に対応できるようにしています。

ザンバース用にウィンドマスタリーに振ったり、TA用にデバンドに全く振り分けず、ダークマスタリーに振るという選択肢もありますが、局地的にしか効果を発揮しないスキルには振っていません。


テクター/ブレイバーはいろいろな可能性があります。持っている武器防具やメセタに応じてコンセプトを決めてスキルツリーを作ることをオススメします。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。